民事調停での回収方法

どうしても取引先から応じてもらえない、回収が出来ていない、そんな場合は法的手段に出ることになります。いくつか方法がありますが、その中で「民事調停」という手段があります。これは、調停委員に仲介役を依頼することで、債務者との債権についての話し合いをする手続きのことを言います。調停委員とは、弁護士の資格や有識者等、最高裁判所から任命された法律を扱ったことがある民間人のことです。

民事調停をすることの最も大きなメリットとして、調停成立による効力が、確定判決と同等であることが挙げられます。当事者同士での話し合いではそのような効力はありませんが、民事調停の成立にはそれほど強い効力があります。成立後には、裁判所の書記官によって調停調書が作成されます。この書面の為の調停であり、調停調書には執行力がある為、売掛金回収トラブルにおいて重要な書類となります。調停成立の効力は、判決を得たのと同等の効力があるという意味は、つまり、調停では当事者同士で法的な効力を持つ取り決めをお互いに作っていくことになります。調停の手続きは比較的簡単ですので、一般人でもしようと思えばできます。しかし当事者同士だけで話し合ってこじらせるよりも、最初から弁護士に依頼し民事調停をすることも考えてみるとよいでしょう。